カウンセリングなどで御相談を頂いていると。

 『○○さんが 私を認めてくれないんです!!』

という種類の御相談をよく受けます。

○○には、ご主人様、奥様、両親、子どもといった
ご家族であったり。

恋人、友人、職場の上司、同僚、後輩といった
他人であったりが入ります。

こういった相談は至極当然のことで

 自分を尊重して欲しい

と思うのは自然のことです。

ここで…

最初に答えを書いてしまいますと。

 実は…

 どのくらい周りの人が
 自分の事を認めてくれるか、尊重してくれるか。
 その量というのは、

 自分が自分自身をどのくらい大切にしているか
 認めているか、尊重しているか

 とほぼ同じ、イコールです。
 
 
 
 えっ〜〜!!と思われたかもしれません。

ただ、これは本当です。
 
 
人は誰でも
『分かって欲しい』って思う気持ちがあります。

自分の性格、考え方、行動、実績。
さらに言えば生き方そのもの。
 
頑張っている自分、優しい自分、大変な自分、苦しい自分
etc…

そんな自分を分かって欲しい…

こんな風に多くの人が思っています。

     

私はカウンセリングの際に、お聞きするのですけれど。

 そういった人達に認められたら…
 本当にあなたの心は満たされますか?

実は、それだけでは満たされる事が無いのです。

最初はもちろん、嬉しい。満たされる。

ただ、しばらくしたら
別の誰かで再び始まるのです。

 親が、家族が、友達が、上司が、同僚が、部下が、先生が…
 もっと私の事を認めて、大切に尊重してくれたら
 私はもっと幸せなのに…

こんな風に思う多くの人達の心の内側をのぞいてみると。

親、子ども、家族、恋人、友達、上司、同僚、
部下、先生が、自分を認めてくれたら、

【何が起きて】

自分は幸せを感じられるのでしょうか?
  

 

【人に認められること】で自分の中に起きていることは??  

 

それは 【自分が自分を認められること】 が出来る様になって
  
その結果として、幸せを感じられる様になるのです。
  
  
  
幸せを感じるための本当のキーポイントは
  
 【自分が自分を認め、尊重し、大切に出来ること】
  
だったのです。
  
  
  
  
【自分が自分を認めていたら、周りに認められる必要などない】
  
これが事実です。そして、これだけで幸せなのです。
  
  
  
例をあげると。
  
あなたが、
とっても変わった趣味を持っているとします。
  
周りの人はなかなか理解が難しいような趣味だとします。
  
 ・ちょっと気味悪いような動物を飼う
 ・個性的な姿をした、植物を育てる
 ・誰も知らないブランドに凝ってみる
 ・誰もこだわらないような物を収集する

 etc…
  
周りの人は言います。
  
「そんなことやっていて、本当に楽しいの??
 私には全然わかんない!!」
  
「いいの。分かってくれなくても。
 これって、凄く楽しいし、私は幸せよ!!」
  

周りの人に理解されなくても。
  
自分が本当に受け入れて、理解し、大切にしていたら
周りの評価なんて、関係ないのです。
  
「オタク」って良い言葉では無いけれど
そんな風に呼ばれる人達は、その事に関わる事が
本当に楽しくて、誰の承認も必要としていないはずです。
  
  
  
  
こんな例と比べてみると
  
誰にも認められない…
と悩んでいることが、実は
  
【自分が自分を認められない悩み】
  
であることが、より理解しやすいと思います。
  
  
こういった悩みを持つ方は、
  
  
『親が、家族が、恋人、友人、同僚がetc…私を認めてくれた』
  
        ↓↓
  
『私が自分を認められる。』
  
  
になってしまっているのです。 
  
  

先ほど書いた
   
『親、子ども、家族、恋人、友達、上司、同僚、
 部下、先生が自分を認めてくれたら…』
  
の後でないと自分を認められないなら。
  
  
おそらく、
自分を認められる日が来ることは
ないのでしょう。

きりがありませんから。
  
  
でも、
  
【幸せを感じる、幸せである】
  
ことが、大切なのなら。
  
先ほどの例ではないですが、
  
 幸せになるなら、自分で自分を認めれば
 それで用は足りる
  
  
 【あなたが本当に自分の事を認めて、大切にし
  尊重することが出来たら、
  充分に心は平安で、満たされて、穏やかで。
  安らぎと幸せを、手にする事が出来るのです!!】
  

  

あなたが人に大切にされない訳 

もう一つ例をあげましょう。
  
学校でも会社でも友人関係でも。
  
大切にされる人と、されない人。
尊重される人と、されない人。
やり玉に挙げられる人と、そうでない人
etc…
  
なんて感じで、結構色分けされませんか?
  
  
これって、
  
「あの人に文句言ったらタダでは済まない…」
「あの人はとっても立派だから」
  
なんて理由だけなのでしょうか?
  
  
おんなじ事をしても、
  
責められる人、怒られる人もいれば
許される人、スルーされる人もいる。
  
と思いませんか??
  
  
これも、潜在意識で〜〜
って言うと話が早いのですが

【自分はこのくらいに思ってるからこんな感じで扱ってね〜】

って相手に伝わっているのです。
  
  
自分自身が自分を
  
 ・どのように考え
 ・どの程度認めて
 ・どのように扱っているか
  
が相手に伝わっているのです。
  
その伝わった内容ままの扱いを、
あなたは相手から受けているのです。
  
  
  
仮に、あなたが相手から

『あなたって本当にダメだね!!』

という扱いを受けたとしても。

  

あなたが
『私はダメだ!!』

って思っていなければ、
先ほどの趣味の話の時と同じように
あなたは、平気です。

 

『そうですか?あなたがそう思うのは分かるし、自由だけど
私は自分の事を、そんなにダメとは思えないけどな〜』

せいぜい、こんな感じ方程度で終わります。

そんなあなた達を周りから見ていたとしたら。

『本当にこの人はそんなにダメなのかな?そんなことないよね。』

『むしろダメ出ししている、こっちの人の方があまり良くないような』

なんて思うはずですし、
その様に周りの人は関わってくれるはずです。

誰より自分を大切にしよう! 

 
 もう一度ですが、  
  
 【あなたが本当に自分の事を認めて、大切にし尊重することが出来たら、
  充分に心は平安で、満たされて、穏やかで。
  安らぎと幸せを、手にする事が出来るのです!!】
  
 そして、周りもあなたの事を
 きちんと尊重して扱ってくれます。
  
  
  
『自分を認める』って事にはこういう意味があります。
  
  
なので、

『周りがあなたを認めてくれない!!』  
  
あなたがこんな風に思っているとしたら。
  
 一番認めていなかったのは、
 実は あなた自身だった という可能性もあります。

  
    
今日から、

 自分が一番されたいように

自分に優しく、大切に、認めてあげて下さいね。
  
それだけで、周りが、自分が、人生が
大きく変わりますよ!!
  
  
   
話は分かったけれど、
  
・うまく自分を認められない
・やっぱり否定してしまう
・自分の認め方が分からない
  
  
そんな方は、
プロに相談して頂くのも一つの選択です。
  
  
自分を認める事、その感覚を
  
 専門的には【自己肯定感】
  
といいます。
  
  
人が幸せを感じるためには

【自己肯定感】が必要不可欠です。
  
  

言い方を変えれば
  
 強い自己肯定感を持っていれば
 何やっても、いずれうまくいく
  
とさえ、言えるくらい。 
  
 自己肯定感が弱い方は、
 何をやってもなかなか…

とも言えます。
    
    
そのくらい、
人生に大きな影響を与える要素ですから
早めに対処するに越したことはありません。
  
  
私がお伝えしている

 【観念の手放し】
  
なら、それが出来ます。
誰でも実感出来ます。
  
  
心当たりが…という際は、
お声をかけて下さい!!
と強く言いたいのです。
  
自己肯定感が低いままでは、
あなたの努力も頑張りも
中々実を結びにくい…のです。
  
当HPのお問い合わせから簡単に相談出来ますので
お気軽に御連絡下さい。

0630034